FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エネルギーと自然サイクル

 
個人的シリーズ
「イン/アウトエネルギー論」第4話。

前回までの話で、

第1話で、

「人間には4つのエネルギーがある」

という話をして、
 
 
第2話で、

「自分/外側という“世界”と
 エネルギーの向かう“方向”でエネルギーが決まる」
 
という話をした。
 
 
そして前回第3話で、

「4つのエネルギーにはサイクルがあり、
 きれいにサイクルが回ることで幸せになるし、
 もし不足感があるなら、今の自分の課題が分かる」

といった話をした。
 
 
 
で、
考えてみたんだけれど、前回話したサイクルって、
まさに自然のサイクルそのものだよね。

人間とかだと直感的に分かりにくいかもしれないけれど、
植物は完全にサイクルに沿っている。
それはこんなサイクル。
 
 
 
まず種がまかれると、種を自らの力で割り、土の中から芽を出す。
そして、天に向かって自分を伸ばしていくわけだ。

この過程は、まさに前回までで話していた
「外へ、外へ!」の力。

「アウトサイドアウト」のエネルギーに他ならないと思う。
 
 
 
その後、自分の世界を伸ばしたところで、
太陽光や水、二酸化炭素などを自らに吸収して
さらなる成長を遂げて、木になっていく。

この過程は、外にあるエネルギーを自分の中に取り込む
「外から内へ」の力。

「アウトサイドイン」のエネルギーに相当する。
 
 
 
充分自らが育つと、今度は
花を咲かせ、次に実をみのらせ、他の生き物たちにシェアをする。

この過程は、自らの内側にあるエネルギーを外に放出する
「内から外へ」の力。

「インサイドアウト」のエネルギーなんじゃないかな?
 
 
 
そして、
実をみのらせたあとは、葉も散り、
外から見た限りでは変化を止めたかのように冬を越す。

でも、この冬の間にはおそらく、内に秘めたエネルギーが
次の成長の準備をしているに違いない。

深く深く「内に内に」の力。

「インサイドイン」の時期を過ごしているんじゃないだろうか?
 
 
 
そして、時期がまた巡ってきたら、
蓄積したエネルギーを、ビッグバンのように爆発させて、
また外へ外へと動き出す。

そんなサイクルを繰り返して、大樹へと育ってゆくんじゃないかな​。
 
 
 
 
よく、
「自然の摂理に沿って」とか、
「天地宇宙に従って」という表現がある。

無理なく生きると、あなたの持っている力が最大化され、
さらに「大いなるもの」の手助けも得られますよ、
といった意味。

「大いなるもの」の手助けを得るには、
感謝も必要かもしれない。
貢献する心も大切かもしれない。
愛なんかも大事かもしれない。

でも、まずは自分のサイクルに従って生きるのが
長期的には、自分も、他の人も、そして「大いなるもの」も
喜ぶ生き方なんじゃないかなぁ、と思う次第。
 

派手に成長が分かる時もあれば、孤独を感じることもある。

晴れの日もあれば、雨の日もある。

成長を実感しているときは、ガンガンその流れに乗ればいいし、
孤独を感じる時は、その孤独をもとに自分を見つめればいい。

晴れの日は、思い切り遊びまわればいいし、
雨の日には、雨の日の過ごし方があるだろう。
 
君が君らしく、自然の流れに沿えますように。


今回も手紙を読んでくれて、本当にありがとう。
ではまた、手紙を書きます。



空也
 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。