スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑記】 誰となら、人生交換したい?

 
こんにちは、トレーダーの空也です。

最近、つくづく
「一人ひとり、誰もが大変だなぁ」
と思うんだよね。

震災の傷が癒えない中、必死に生活している人。
景気がよくない中、頑張る人。
会社や家族との人間関係に奮闘する人。

いろいろなシチュエーションがあるんだろうけれど、
それぞれの人が、本当に大変な中、
日々を暮らしていると思う。

そして、
世間的には「成功者」や「マスター」と言われている人も、
人には表立って理解はされにくいけれど、
それぞれの悩みや大変な思いを抱えている。

しかも、成功者だからと言って悩みの内容が
「どうしたら世界が平和になるだろうか」
とか、
「クリーンエネルギーは、どうやったら生み出せるのか?」
みたいな“高尚”な悩みばかりではなく、
けっこう「え?そんなこと?」みたいなことで
悩んでいることも多い。

「仕事が多すぎて、家族との時間が取れない」
とか、
「娘が自分を避けるようになって来た」
とか、
「あとちょっとお金があったら、
 ビジネスを安定させられるのに」
などなど。

明らかに苦労しているように見える人も、
表面的には全部うまく行っているように見える人も、
深く相手を知れば知るほど、
「うわぁ、大変だなぁ」
と思うんだよね。



君も、ちょっと考えてみて欲しい。

もし、君の目の前に神様かなんかが現れて、
「あなたが知っている人と、あなたの人生を
 そっくりそのまま交換してあげましょう」
と言ってきたとする。

君は、その申し出を聞いて、
「じゃあ、○○さんと人生交換してください!」
と、すぐに言い切れる人物って、いるだろうか?


いつもの妄想癖なんだけれど、
私はけっこう真剣に考えてみたんだよね。

「誰かの人生と交換できるとしたら、
 誰と交換してもらうだろう?」ってね。

ところが、真剣に考えれば考えるほど、
誰と人生を交換しても「うーむ」と
考えてしまったんだよね。


たとえば、大統領との「人生交換」は
権力的はスゴイけれど、圧倒的なストレスと
プレッシャーがあるだろうし、

いわゆる成功者の人も、
オモテだけじゃなく内情の話を聞くと
「うわ、大変だ!そりゃ勘弁!」
っていう人しか思い浮かんでこない。

大舞台で活躍しているプロスポーツ選手は
ものすごいハードな訓練を
来る日も来る日も繰り返しているし、
大金持ちになればなるほど、
資産を守り、殖やす事が複雑怪奇になってゆく。
嫉妬やねたみの標的にもされやすいしね。

平和に老後を暮らしている人は、
寿命っていう、避けられない命題を抱えている。

真剣に
「これからの一生、この人の人生と交換したい!」
と思えるような人って、いないんだよね。

君はいるかな?
その人のことを全部理解してでも、
人生交換をしたい人って、いただろうか?



で、

私 個人的には思い浮かばなかったことから、
2つのことを考えたんだよね。

ひとつは、
「なんだかんだ言って、自分が人生決めてるんだな」
ってこと。

もちろん、
「こんなこと、起こって欲しくねぇ!!!!」
「なんでこんな目にあうの?」
みたいなことは、日常茶飯事的に色々ある。

でも、本当にイヤなら
今の仕事を投げうっちゃえばいいし、
今の人間関係をぶった切ってしまえばいいし、
自分が「こうなりたい」と思うことをやめればいい。

大会社や老舗がつぶれていき、王族が離婚する時代、
本当に自分を縛っているものなんて、
実はほとんどない。

自分が「これは選べない」と思っているものは
まず「選んでいない」だけに過ぎない。


そんな中、自分が生きている現実を選んでいて、
具体的な「人生をまるごと交換したい人」ってのが
出てこないんだから、
「あー、なんだかんだ自分が選んだ人生を
 生きているんだなー」
と、じんわり思ったんだよね。


もうひとつは、

「みんな大変なんだから、
 今よりもう少し、人に優しくしてみようか」
ってこと。

長い長い人類の歴史で、一緒の時代に生きている人は
老若男女ひっくるめて「人類の同期入社」みたいなもの。

全員に優しくなれていない自分を振り返って、
「ま、もうちょいだけ」
人に優しく接することができればいいな、
と感じる今日この頃だよ。

特に、今、この手紙を読んでいる君とは、
優しい時間を共有できればいいよね。

今回も手紙を読んでくれて、本当にありがとう。
ではまた手紙を書きます。


空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。