スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【心】 たちの悪い強者たち

 
こんにちは、トレーダーの空也です。

会議なんかがあると、よく自分の意見を
ギャーギャー振り回す人って、いるよね。

他のみんなは

「その意見、本当は違うんじゃないかなぁ・・・?」

なんて思っていても、
反対するだけの別案も、エネルギーもないので、
なんとなくその人の意見が主流だと思えてしまうような場面。

会議なんかでもよく見る光景なんだけれど、
最近はヤフーニュースなどのコメント欄でも
見受けられるようになってきた。

いわゆる
「ノイジィ・マイノリティ(騒がしい少数派)」
が、いろいろ言っている場面だ。


今までは、公のニュースに対しては、
少数者はモノが言えなかった時代が長く続いていたのに、
少数者の意見も多くの人に見てもらえるようになったのは
とても良いことだ。

私もニュースのコメント欄とかを見て
「なるほどねー」
「私も、同じ意見だな」
と思うことも多々あるので、とても参考になる。

しかし一方で、
「あくまでもそれは、一意見である」
ということを忘れないようにしないといけないとも思う。

ニュースのコメント欄に書き込みをする人の意見が、
世の中全ての人の合意意見だと考えたりするのは、危険だ。

コメントは多くの場合、ある事象の一面だけを
見て発言しているものが多い。
(特に、ネガティブなものにフォーカスしているものが多い)

それを「主流意見」だとするのは、
自分で自分を洗脳しているようなものなので、
気をつけたいところだ。


それに、どんなに多くの賛同を得られている
コメントだとしても、その影には、

「そのニュースには、コメントするほど興味がない」

「反対意見だけれど、反対意見を言ったり、
 “そう思わない”をクリックするほどのこともない」

と考えている、圧倒的な
「サイレント・マジョリティ(物言わぬ多数派)」
がいることを忘れないで、ニュースは見ていきたいよね。


で、
ここまで来て、株の話。

一般社会だと、多くの場合
「ノイジィ・マイノリティ」と「サイレント・マジョリティ」
という構図になり易いんだけれど、相場の世界は、違う。


株の世界で、株価を決定するほどの影響力がある人は、
たいていの場合は

「この株が騰がるぞー!!」
とか、
「この銘柄は、テクニカル的にも財務的にうんぬん・・・」
なんてことは、公には発言したりしない。

静かに、自分のポジションを決めるだけだ。


さらに、株価を決定付けることが出来るほどの
圧倒的資金力を持っている人は、
当たり前の話だけれど、市場全体では少数派だ。

株で利益を出していくためには、
静かに、そして圧倒的資金力をもって
株価に影響を与え得る
「サイレント・マイノリティ」
たちが、何を考えているのかに思いをめぐらせる必要がある。


「あの銘柄が騰がる、この銘柄が騰がる」
「あーでもない、こーでもない」
と騒ぐコメンテーターや、
その大騒ぎを聞いて自分の売買に右往左往する
多くの人たちのあわてっぷりを尻目に、私たちは、

最もたちの悪い、
「静かなる少数派」たちが何を考え、
どんな行動をとるのかを考えて行動する必要がある。

今、画面の向こうで、静かに巨大マネーを動かしている
「サイレント・マイノリティ」たちは、
何を画策しているんだろうね。

君は、どう思うだろう?


今回も手紙を読んでくれて、本当にありがとう。
ではまた、手紙を書きます。


空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。