スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【心】 市場のコンセンサスは、常に裏切られる

 
こんにちは、空也です。

最近の日経平均は、毎日ギャップアップとか
ギャップダウンとかで始まって、忙しい限りだよね。

長期投資をしている人は別だけれど、
数日間で利益を得たいトレーダーにとっては、
オーバーナイトでポジションを保有するのは、
現時点ではギャンブルかもしれないね。

こういう時こそ、きっちりとした
トレードルールを持っている人は、ちゃんとルールを守る
ということが大切になる。

「うわわ、どうしよう~」
とメンタルが揺らいでしまったときに、
基本に立ち戻る姿勢が大切になってくるかもしれないね。


そして、現時点では売買ルールが確立できていない場合は、
あまり大きなポジションを立てようとせずに、
静観するのも、ひとつの方法だろう。

トレードの世界では、
「まさか!」
ということがたびたび起こる。

「ここまで下がったんなら、さすがに明日は回復するだろう」
という風に思うのは、たんなる自分の勝手であって、
明日にはまたどうなるか分からない、という
スタンスを取り続けていないと、思わぬところで
大きなダメージを受けることがあるだろう。

為替だって、
「ここまで円高になれば、あとはリバウンドするだろう」
と思って大きなポジションを取ったら
大変な騒ぎになっている人が後を絶たない。

株式も、自分の経験だけで計ろうとせずに、
常に不安な気持ちと仲良くしつつ、粛々と進めていくのが
いいだろうね。


値動きはたいていの場合、
「市場のコンセンサスを裏切る」形で動くことが多い。

値動きを見ている人が
「ああ、明日は十中八九 騰がるだろうな」
と思うと、下がる。

「このままじゃ破滅だ。損切りをしよう」
と、苦渋の決断をして損切りをすると、そのあと上昇する。

市場参加者の8割が利益を出せない世界なんだから、
コンセンサスを裏切るのは、むしろ当然。

他の人がどう考えて、
どこで恐怖を感じ、
どこで安堵するか?

それを感じ取って、冷静に行動できる人が
トレードでの利益を重ねていける。

今日の市場のコンセンサスは、どっちなんだろうね?
そして、その「市場のコンセンサスを裏切る」としたら、
明日の値動きは、どっちになると思う?

今日も手紙を読んでくれて、本当にありがとう。
ではまた、手紙を書きます。


空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。