スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑記】 過去の自分と仲良くする自信はない

 
こんにちは、空也です。

またいつもの妄想話なんだけれど、
たとえば今の自分と、5年前の自分と、10年前の自分が
一堂に会して話をしたとしたら、全然意見がかみ合わない
ような気がするんだよね。

今の自分が考えていることと、5年前の自分が
考えていることや大切にしていることって、全然違う。

ましてや、10年前の自分なんていったら、
思考回路そのものが違うというか、
「これは正しい」
「これは間違っている」
という判断が、まったく違うような気がする。

たとえば、今だったら急落している株を見ると
ワクワクして「今が買いのチャンス!」って思う。
けれど、10年前の自分だったら
「怖くて手が出せない!」って思っていただろう。

他にも、会社に勤めている自分しかイメージできなかったのが
会社に行かない毎日が普通になっていたり、
普段よく会う友達の顔ぶれが変わっていて、
友達と話す会話の内容が、まったく違っていたり。

たぶん、5年前や10年前の自分が、今の自分を見たら、
「そんなこと信じられない!!」
とか、
「なにそれ!?まちがってるよ!」
とか言うことは、たくさんあると思うんだよね。

君はどうだろう?
5年前や10年前、あるいはもっと昔の自分と
完全に意見が一致する自信は、あるかな?

私は、意見の違いから議論が白熱して、
ポカスカやりかねないよ(笑)


そんな自分を翻って考えてみる。

自分自身ですら、数年間時間を変えただけで
意見がかみ合わなくなるんだから、
自分以外の他の人と、ずーっと意見が合うなんて事は
期待する方が間違っているんじゃないかな?
なんて思うんだよね。

誰だって、その人のその時の状況で、ベストの選択をしようと
日々一生懸命頑張っている。

その選択が、別の人から見たら
「間違っている」
とか、
「おかしい、変だ」
と思えるような選択だったとしても、
それを批判できるような“偉い人”って、そうそう
いないんじゃないかな?

自分とは違う経験をして、
自分とは違う思考回路を重ねてきて、
自分とは違う現在の立場の中から行動を決めている。

いろんな人の生き方を見ることで
自分の参考にすれば良いだけの話であって、
いちいち批判したりするのは、お互いにとって
なんの利益も生み出さないことだなー、と感じるんだよね。

(ま、人に対して「間違っている!」と言う人を
 批判している時点で、それも間違っているという
 矛盾を抱えちゃうんだけれど(笑))


なので、最近は現時点の自分から見て
「なんじゃ?あの人は??」
と思うような人を見たり、話をしたりしても、

「あー、まぁ、過去の自分も同じようなことを
 やっていたかもしれないし、
 将来、同じようなことを私がしないとは
 言い切れないもんなー」

と思うようにしている。


これだけ聞くと
「空也さん、えらいなー」
みたいな話だけれど、そうじゃない。

過去に自分がしてきた恥ずかしいことが
それだけたくさんあるっていうことだし、
将来自分がやることに対して、
「品行方正は あり得ない!」
という変な自信があるだけなんだよね(笑)


5年前、10年前の自分とも意見が衝突しそうな自分。
そんな自分が、よくまぁ人様と
とりあえず平和にコミュニケーションできているなぁ、
と、自分を褒めつつ今日の手紙は締めくくるとしよう。

今回も手紙を読んでくれて、本当にありがとう。
ではまた、手紙を書きます。


空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。