スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑記】 君の悪意は利用される

 
こんにちは、トレーダーの空也です。

今回は、私が最も尊敬する経営者の一人が行なっていた
人材登用スタイルの話をしよう。

その中堅企業の経営者は、会社が和気あいあいとした
ムードになるのを避けていたように思える。

総務部長と営業部長は仲が悪かったし、
経理の責任者と、実際に帳簿をつける担当は犬猿の仲だった。

そしてその状況を、オーナーである経営者は
「よし」としていた節があったんだよね。

中小企業なんだから、チーム一丸とならないと
うまく機能しないんじゃないか?と
いつも不思議に思っていたんだけれど、
オーナーはギスギスした雰囲気を改善しようとは、
全く思っていないようだった。

ある日、その経営者と話をする機会があったので
思い切って聞いてみることにした。

「あの、失礼ですが、各役職を担当されている方
 同士の仲が、良くないように見えるのですが・・・」

するとその経営者は、さも当然のことのように
説明をしてくれた。

「担当者同士が仲が良いばかりが、素晴らしいことじゃない。
 経理の責任者と帳簿担当が仲良くなったら、
 いつでも会社の金を横領できるようになる。
 総務部長と営業部長が仲良かったら、
 ナァナァの雰囲気の会社になるし、
 クーデターを起こす気にもなるかもしれない。
 今まで色んな経験をしてきて、いきついた形だよ」

と、こんな話をしてくれた経営者は、
90歳を過ぎても毎日会社に出社して、どんな不況時にも
安定的な経営をし続けた後、この世を去った。

賛否両論はあるかもしれないけれど、
その方の長い経営人生の中で、
「全員が仲良く、和気あいあいとした会社」よりも、
「人心は自分に集めて、自分を車輪の中心にした
 ハブのような会社」の方が、安定的な経営ができると
学んだんだろうね。

「やり方が古い」「やっぱりみんなが仲良くないと」
という意見もあるだろうけれど、
ひとつの会社を立ち上げて、まとめ上げてきた方の
実績にも敬意を払いたい。


で、

今回、君に伝えたいことは、この中にある。

もし君が、誰かのことを嫌っていたとする。

「あいつが私の目の前からいなくなれば、せいせいするのに」
とか、
「もうホント、見るだけでイライラしてくる!!」
なんて人が、いるかもしれない。

そこで立ち止まって、ちょっと考えてみて欲しいんだ。

もしかしたら、君とその人が仲が悪いことを
影で喜んで、仲が悪いままにさせている人はいないだろうか?

君と、君が嫌いな人が仲が悪いことによって、
誰かが直接的・間接的に得をしていることって、ないかな?

普通はないんだけれど、ごくまれに腹黒い人たちが
君の悪意を利用しているので、一度考えてみても
面白いかもしれない。


そして、私が今不安に思っていることは
今社会全体に広がっているように見える悪意が、
誰かに作為的に作られて、コントロールされているんじゃないかな?
っていう疑惑。

君がどうだかは知らないけれど、例えば
現在の中国、韓国のことを快く思っていない人はいるし、
増えてきているように感じる。
ある特定の政治団体に関して、ネガティブな感情を抱いている
人もいるだろう。

ネガティブな感情を、たくさんの人が持つことによって
誰かが得をしようとしているんじゃないのか?
と、勘ぐってしまうんだよね。

Yahooのコメント欄が開放されているニュースと、
コメントが書き込めないニュースには、
ある一定の法則がある。

ある特定分野のニュースに対しては、
ネガティブな感情が垂れ流しになるように
コメントが開放されている。

ネガティブな感情を、たくさんの人に「教育」している
意味までは分からないんだけれど、
絶対に何らかの形で「得」をする人がいるから
Yahooはコメントを開放しているんじゃないかな?


仲が悪くなること。
ネガティブな感情を持つこと。悪意。
様々なものが、より大きな存在にとっては
利用価値のあるものになりうるんだから、
お互いに気をつけていきたいものだよね。

君が今もっているネガティブな感情は、
本当に君の心の底から湧き出てきたものだろうか?

それとも、何者かによって「教育」された結果
持つようになった感情だろうか?

考えてみるのも、面白いかもしれないね。

今回も手紙を読んでくれて、本当にありがとう。
ではまた、手紙を書きます。


空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。