スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑記】 幼児の抱える悩みは深い。

 
こんにちは、トレーダーの空也です。

先日、友人が、まだ幼稚園にも入っていないような幼児を見て

「いいなぁ、悩みなんて ないんだろうなぁ」

と、つぶやいた。


そのつぶやきを聞いて、一瞬は「たしかになぁ」と
思ったんだけれど、やっぱり違うような気がしたんだよね。

幼児には幼児の、赤ちゃんには赤ちゃんの悩みがある、
と思うんだよね。

悩みの内容は
「うまく走れない」とか、
「高いところにあるものが、取れない」とか、
「おもちゃを食べようとすると怒られる」とか、
そういう内容かもしれない。
でも、悩みであることは間違いないと思うんだ。

幼児や赤ちゃんである彼らの悩みを
「そんな事、大した悩みじゃないじゃん」
と、鼻で笑うのは簡単だ。

でも、やっぱり彼らとしては重大な問題だろうし、
悩みを解決するために頑張っているんだと思う。


そして、我が身を振り返ってみれば、
自分が抱えている悩みだって、幼児・赤ちゃんと
大して変わらないようにも思えてくる。

誰かとコミュニケーションがうまくとれないとか、
今日食べるものはあるけれど、経済的に不安だとか、
今はとりあえず大丈夫だけれど、健康が心配だとか、
そんなところだ。

私の悩みの内容を、私よりも「大きな」人物が聞けば、
「そんな悩み、大したことないじゃん。
 悩みと言えるようなレベルじゃないよ」
と思うだろう。

仮に、ヒットラーに私の人間関係の悩みを言えば
「はぁ?○○さんとうまく行かない?
 俺なんて、全人類の半分以上に、敵視されてるよ」
と答えるかもしれない。

スティーブジョブズ氏に、自分の小遣いの少なさを嘆いても
「で、もっとお金があったら、
 そのお金で叶えたい夢は何なの?」
と、問い返されるかもしれない。

何回も生死の境を駆け抜けた戦場カメラマンに
「最近、健康に不安があって・・・」と話しても、
「ああー、私もいつ両手両足が吹っ飛ぶか、
 分からないこともあったよ」
と、笑顔で返されるかもしれない。


赤ちゃんや幼児の悩みが見えなくなっているのは、
それだけ自分たちが成長した証。

それはそれで、喜んで良いことだと思う。

でも、今「その問題」に取り組んで、悩んでいることを
笑う権利は、ないと思う。

そしてひるがえって、自分の今の悩みも、
自分よりも「大きな」人物から見れば、
本当に些細なことなんだろうなー、と思う。

今の自分の問題を解決するためには、今の自分の悩みが、
赤ちゃんや幼児が抱えているような悩みに見えるくらい、
自分が成長する以外に、根本的には解決しないんだろうなー
とも思うんだよね。

そう簡単じゃないとは思うけれど、
ぼちぼちとやっていくことにするよ。

今回も手紙を読んでくれて、本当にありがとう。
ではまた、手紙を書きます。


空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。