スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔雑記〕 足りないものは赤っ恥

 
こんにちは、トレーダーの空也です。

突然だけれど、
人が成長するために、もっとも必要な要素って
何だと思う?

「えーと、なんだろう?
 ためになる本とかかなぁ?」

とか、

「いい師匠との出会いじゃないかな?」

とか、いろいろな答えがあると思う。


もちろん、本も、師匠も、セミナーも
我々の成長を助けてくれる大切な要素だよね。

でも、もっと根源的に必須の要素があるなぁ、と
今日あらためて感じたんだよね。


人が成長するために必要な、根源的要素。

それは、

「自分が未熟だと、痛切に感じること」

なんじゃないかな?


もっと簡単に言うと

「すっげー恥ずかしい思いをすること」

と言い換えても良いかもしれない。


人は、というか私は基本的にナマケモノなので、
本当に必要だと思わない限り、現状に甘えてしまう。

「ま、いいか。今でもそこそこうまくいってるし」

とか、

「これ以上は望まないよ」

と、なんとなくナァナァで過ごしてしまう。


というより、現状に何の疑問も考えもないまま
流されるように毎日を送ってしまう事が多い。


しかし、

ある時、何かのきっかけで
ものすごい恥ずかしい思いをしたとする。

その「恥ずかしい思い」は、
他の人にもわかるような赤っ恥でもいいし、
自分だけが気付くようなものでもいい。

とにかく、

「うわ!!!!俺って全然ダメじゃん!」
「よく今まで生きてこれたなー、俺って」

と思うような、未熟な自分を思い知らされるような体験。


そんな体験をすると、心の底から

「もう、あんな思いはしたくない」
「こんな自分じゃ、いたくない」

と思って、ノソノソと学習を始める。


この

「未熟な自分を知る」
「すっげー恥ずかしい体験をする」

という根源的要素がない限り、
どんなにいい本も、師匠も、セミナーも
豚に真珠になってしまうだろう。



もし君が今回の話に「なるほどねー」と思ったのなら、
ちょっと思い出してみて欲しい。

最近、君が心の底から「恥ずかしいーっ!!」と思ったのは
いつ、どんな時だっただろうか?

「ちょっと恥ずかしいかも」
とか、そんなレベルではなく、
もしここがビルの屋上だったら
そのまま飛び降りたくなるような恥ずかしい思いをしたのは
一体いつだろう?


人によっては数日前かもしれないし、
あるいは、もう何年も心底恥ずかしいと思ったことは
ない人もいるかもしれない。

万が一、パッと恥ずかしい体験を思い出せないようならば、
もしかしたら君の成長は止まっているかもしれない。


裸足で逃げ出したくなるような恥ずかしい体験は、

「もう二度と あんな思いはしたくない」

という原動力になる。


そして、学習へのモチベーション維持につながり、
君をさらに大きな人間に変えてくれることだろう。



なんでまた急にこんな話をしたかと言うと、
私自身が今日、すっげー恥ずかしい思いをしたからだ。

新しいビジネスアイディアを実践するために
今まで会ったことのない人と話す機会があった。

そこでいろいろその人に質問されたんだけれど、
けっこう答えられなかったり、
あいまいな答えになってしまったりしたんだよね。

ビジネス上でのコミュニケーションには
そこそこ自信を持っていただけに、個人的には

「うわ!!俺ってカッコ悪っ!!」


と、心の中で叫んでしまったシチュエーションだった。



でも、

そんな経験があるからこそ、また新しい成長ができるし
大きな人間にもなれると思うんだよね。


もし君が大きな恥をかくことがあったら、
それは大きな財産にもなりうる。

ぜひ、うまく活用してほしいな、と思う。


偉そうなことは何も言えないけれどね(笑)


今回も手紙を読んでくれて、本当にありがとう。

ではまた、手紙を書きます。



空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。