スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔雑記〕 ナナメから昔話~白雪姫編

 
こんにちは、トレーダーの空也です。


ちょっと前に、昔話をナナメから読んで
その中から成功法則を学ぼう、
という話をしたのを覚えているかな?

一寸法師が成功をした最大の理由は、

「奉公先に長者を選んだ」
「そこで最も活躍をした」

ということだという、小さいお子様には
教育上、話さなくてもいい話だ(笑)


昔話は、それこそ昔から語り継がれているので
一面の本質を我々に教えてくれている。

ただ、そのまま読んでも面白くないので、
ちょっとナナメから読んでみると
また別の本質が見えてきたりするよね。

ということで、君に話したんだ。



そして、

ナナメから昔話を読めるのは、
なにも一寸法師だけじゃない。

他にもたくさんの昔話がナナメから読めるので、
ちょっとずつ紹介していこう。


今回は、『白雪姫』。

グリム童話初出版と、ディ○ニー版など
いくつかの派生物語があるが、
君もあらすじくらいは知っているだろう。


生まれながらに美貌を持った白雪姫が、

自分の継母(あるいは生母)に嫉妬されて、

何回も殺されそうになり、

最後には毒りんごを食べさせられてしまう。

眠るように死んでしまった白雪姫を見た王子が、

毒りんごを吐き出した白雪姫と結婚してめでたしめでたし。

と言う話だ。
(我ながら、ものすごい乱暴な要約だ)



この物語から、私たちは何を学べるか?

まぁ、色々学べるが、今回スポットを当てたいのは
悪役である継母(生母)であるお妃だ。


このお妃は、自分の美貌に自信を持っていて
自分の魔法の鏡に

「世界で一番美しいのはだぁれ?」

と聞くのを日課にしていた。


今までは、魔法の鏡は

「それは、お妃さまでございます」

と答えていたから満足していたものの、
ある日を境に

「それは、白雪姫でございます」

と答え始めたのが、この物語の悲劇の始まりだ。

(ちょっとは空気読めよなー、鏡!
 「少女部門では白雪姫、大人部門ではお妃さま」
 とか言っておけば いいじゃんかよー、
 と思うのは、私だけか?)



この「悲劇の始まり」は、
一体誰にとっての「悲劇」なんだろう?

それは、この「お妃さま」の悲劇以外のなにものでもない。


鏡が「白雪姫が一番美しい」と答えた時点で、

お妃さまは物語と同じように嫉妬に狂うことも出来た。


しかし、

「あらそう。
 でも私は世界で2番目に美しく、
 一番美しい娘を持ち、
 しかも一国の王妃という地位まで持っている。
 こんなセレブったら、世界中に私だけね」

と感謝していたら、話は全く違ったものになった。


また、物語上ではなかったが、もしお妃さまが鏡に

「世界で一番、
 知恵と美貌を兼ね備えているのはだぁれ?」

と聞いたら、間違いなく

「それはお妃さまをおいて、他にはございません」

と答えたことだろう。


お妃さまは、その後の物語で
何回も白雪姫を騙すことに成功している。

逆に、白雪姫は3回も4回も騙されている。

どちらがアホなのかは、火を見るより明らかだ。



さらに、白雪姫が森に行った時点で
白雪姫のことを忘れて、
今の自分の幸せにフォーカスしていたら、
近い将来、まずまちがいなくお妃さまが
美貌ナンバー1の座に返り咲いていたはずだ。


だって、
白雪姫は、森の奥深くで7人の小人たちと生活。

一方のお妃さまは、お城でセレブ生活。


何年か経てば、どんなにもとの顔が良くても、

「ちっちゃいおっさんたちと野山で暮らす白雪姫」

と、

「城でさまざまな刺激と経験と
 他の人たちの視線を浴びて暮らすお妃さま」

ならば、
お妃さまの方が洗練され続けるに決まっている。


数年後には

「よぉ~く見ると顔立ちが整ってるアホな野生児」

と、

「洗練されて、知性も品位もある大人の美女」

になるに決まっているのだ。


なのに、その場の嫉妬に駆られて
白雪姫を攻撃し続けたお妃さまが
悲劇に向かってしまったのは、ある意味必然と言える。



さて。

この「ナナメ読み」から、私たちは何を学べるだろうか?


それは、

「今あることにフォーカスし、感謝すること」

だと思うんだよね。


お妃さまは、今あることをないがしろにして、
今ないもの、今は失ってしまったことにフォーカスした結果
さらに多くのものを失ってしまった。


対して、白雪姫は、
失ってしまったことにはフォーカスせず、
今ある暮らしに感謝して、フォーカスした。

その結果、幸せな日常が拡大していったということになる。


君がどうかはわからないが、私なんかはついつい
「今ないもの」にフォーカスをしようとしてしまう。

「まだ、あれがない」

「前はあった○○が、今はない」

「あの人には、○○が足りない」

「○○さえあればいいのに」


でも、それは大きな悲劇の引き金を引きかねない考え方だ。


それよりも、

「今は、トレードできる環境がある」

「理解してくれる人が、何人かはいる」

「毎日、食べることが出来る」

「なにより、生きている」

ということにフォーカスをしていた方が、
どうも幸せにはなりやすいみたいだ。


こんなことを教えてくれる『白雪姫』。
すばらしい物語だよね(笑)



今回も、手紙を読んでくれてありがとう。

ではまた、手紙を書きます。




■追伸

今回の手紙を書く上で、
「白雪姫」をウィキペディアで調べてみた。

すると、今まで私が知らなかった「新事実」が
色々出てきた。

特に、登場人物の王子様については
驚きの事実が多く、

「お前、白雪姫と結婚する資格ないじゃん!」
「結婚するとすれば、
 お前の従者が白雪姫と結婚すべきじゃん!?」
「っていうか、お前、王子じゃないじゃん!」

みたいな物語もあった。

んー、なかなか面白いもんだねー。

気になったら、検索してみてね。





空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。