スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔雑記〕 取引しないメリット

 
こんにちは、トレーダーの空也です。

先日、私の師匠の一人から、神社などへ行った時の
正しい「ありよう」を教えてもらった。


神社などで神様と相対した時や、
神様を意識した時などは、次の3つの事に
注意すると良い、ということだった。

その3つとは、

・感謝を伝える。
・お供え物など、神様の喜ぶことをする。
・決して、お願い事をしない。

という3つだそうだ。


もちろん、神社に祭ってある神様によって
違いはあるそうだけれど、大きくは
この3つに注意しているといいそうだ。


感謝を伝えたり、お供え物をしたりするのはわかる。

でも、お願い事をしちゃいけないんだ~
と思って、私の師匠に聞いてみると、


「お願い事をすると、その時から
 神様と“取引契約”が始まってしまう。
 取引だから、願い事を叶えてくれる代わりに
 それ以外の大きな“見返り”を要求されて、
 多くを失ってしまうことがある」

とのことだった。

そうではなくて、

「感謝を伝えて、お供え物をしているだけならば、
 神様が“いつもありがとうね”と、
 自主的に、我々が喜ぶようなことをしてくれる」。

だから、神様にはお願いごとをしてはならず、
ただ感謝をしてお供えをしていればいい、
ということだった。


個人的には、とても腹に落ちる内容だった。

神様と私たちを同列に考えては
罰が当たるかもしれないけれど、
人間関係にも同じことが言えるなぁ、
と思ったんだよね。


いつも気持ち良く「ありがとう」と感謝を伝えて、
こっちが嬉しくなるようなことをいつもしてくれる人には、
何も言われなくても、相手に何かしてあげたくなる。

逆に、ちょっとしたもので釣るようにして
「じゃあ、これお願いできる?」
なんて言ってくる相手には、最低限の事しか
してあげたい気持ちにならない
(のは、私の器量の狭さかもしれないけれど)。


神様の立場に立ってみれば、
毎日毎日、何千何万の人に

「お供えするから、願い事聞いて!」

って言われている中で、ただ感謝してくれる人がいたら、
そっちから優先して助けてあげたくなるのも
分かる気がする。
(って、偉そうですみません神様)



人に対しても、神様に祈るのでも、
ただ感謝をして、相手の喜ぶことをする。

そんな人間に、常になっていられたらいいな、
と思いつつ、日々を俗物で生きる今日この頃だよ。


今回も手紙を読んでくれて、本当にありがとう。
ではまた、手紙を書きます。


空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。