スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔体〕 不動産屋泣かせのお客さん

 
このたび、第2回空也セミナーが
開催されることになりました!
興味のある方は、こちらをごらんくださいませ!
8/26(金)を
参加締め切りにさせていただきますねー

----------------------------------------------------

 
こんにちは、トレーダーの空也です。


ある時、不動産屋さんに、一人のお客さんがやってきて、
話し始めました。

「とにかく、快適なお家を紹介してください」


不動産屋さんは、それだけでは紹介のしようがないので
いろいろと条件を聞くことにしました。


「今の職場は、どちらにあるんですか?」

「どの辺の地域でお探しですか?」

「駅から近いほうがいいですか?」

「日当たりは気にしますか?」

「何部屋必要ですか?」

「ご予算は、どれくらいなんでしょうか?」


お客さんは、不動産屋さんの話を聞こうとせず、

「そんなことはどうでもいいんです。
 とにかく、快適だったら、なんでもいいんです」

と、繰り返すばかり。


不動産屋さんは、困ってしまったものの、
とりあえず、勘でお客さんにフィットするような物件を
いくつか紹介してみました。


お客さんはそれを見て、ちょっとは考えてみるのですが、

「なんか、ピンと来ないんですよねー」

と言い、

「なんか、ものすごくいい
 “掘り出し物”の物件を、隠しているんでしょう?
 はやく出してください」

とせがむ。


お客さんが望んでいるライフスタイルが
良く分からないのに、“掘り出し物”なんか
隠しようがないじゃないか!!?

と、不動産屋さんは思うものの、
他にも何件かの物件を、お客さんに紹介をしてみた。


お客さんは、しばらく考えたそぶりを見せていると、
急に身を乗り出して、不動産屋さんに言った。

「不動産屋さん。
 あなたが今住んでいるお家って、
 あなたは気に入ってますか?快適ですか?」


不動産屋さんは、急に何を言い出すんだ?
と思ったものの、お客さんに答えた。

「ええ。今、私が住んでいるところは
 私なりには快適で、気に入ってますよ」


すると、お客さんは

「じゃあ、今 不動産屋さんが住んでいるところに
 私も住もうと思うので、住所を教えてください」

と言って、ニッコリと笑った。





・・・君は、この話を聞いて、どう思うだろうか?

「なんだ?この変な客は?」

「自分の希望が はっきりしてないのに、
 お勧めなんてできるわけないじゃないか?」

と思ってくれるのではないだろうか?


なんで、こんなお客さんの話をしたのかと言うと、
私のところには、こういった話が後を絶たないからだ。

もちろん、不動産そのものの話ではなく、
「資産運用」もしくは「トレードルール」に関する
相談ごとでの話だ。


「空也さん、とりあえずプラスになる
 資産運用の方法を教えてください」

「空也さん、とにかくトレードルールを
 教えてください」


私は、相談をしてきた人の話に耳を傾けて

「じゃあ、どれくらいの期間で、
 どのくらいの利益を出したいの?」

「許容できるリスクは、どれくらい?」

「運用に回せる資金は、どれくらい?」

「運用に、どれくらいの時間を割けるの?」

など、色々質問をするんだけれど、
全ての質問に答えられる人は、なかなかいない。


「え?そんなことどうでもいいんで、
 とにかく、今よりお金がふえればいいんです」

と答えられてしまう。



なので、こっちが

「株だと、こんなことが期待できて、
 こういうリスクがある」

「金投資だと、今はこんな感じで、
 こうなったら儲かるし、こうなったら損する」

「債券だと、こんなかんじだよ」


などと概要を説明すると、


「んー、なんかピンと来ないんですよねー」

と言われて、あげくの果ては

「今空也さんがやっている運用と
 そっくりそのまま同じことやるんで、
 全部教えてくださいよ」

と言い出されてしまう。



その人のライフスタイル、
許容できるリスク、資金量、
何にどのくらいの時間を使うか?

など、全ての条件が全く違うのに、
私と同じ事をしても、その人が幸せになるとは思えない。


相談をしてきて、

「空也と同じことをやるから、全部教えろ」

とまで言ってきている人は、つまるところ

「資産運用を教えて欲しい」と言っているんじゃなくて

「お金、クレ!!」と言っているのと
同じなんじゃなかろうか?

なんて思っちゃったりもするんだよね。


そうなると、私は伝えられることは少ないので

「ごめんねー、協力できることがないやー」

と言うしかないんだよね。



私も、別の分野で

「やり方を教えて欲しい」

と、言葉では言いつつも、

「その、甘い果実の部分だけをクレ!!」

と言っていることもあるかもしれない。


気をつけて行きたいなー、などと思いつつ、
やっぱり甘い果実を期待しちゃう自分もいるのかな?(笑)


今回も、手紙を読んでくれて、本当にありがとう。

ではまた、手紙を書きます。



空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。