スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔雑記〕 御国のために、博徒と化せ

 
このたび、第2回空也セミナーが
開催されることになりました!
興味のある方は、こちらをごらんくださいませ!

8/26(金)を
参加締め切りにさせていただきますねー

----------------------------------------------------


こんにちは、トレーダーの空也です。

たまに聞く論理で、

「株は、長期に持って企業を応援するのが王道だ。
 短期で利ザヤを稼ぐなんて、邪道だ」

なんてものがある。


たしかに、株式投資の始まりを考えてみると
利益を出すのに成功したプロジェクトから配当をもらう
というのが、もっともスタンダードな形であったのは
間違いないだろう。

しかし、短期で利ザヤを得ようとする行為が
「邪道」で「よくないこと」なんて考え方は、
正直時代錯誤も甚だしい。


それは何も私自身がやっていることを
正当化しようという魂胆だけでなく、
様々な制度を見れば、

「どうぞ短期売買で稼いでください」

と、もろ手をあげて歓迎されていることが分かるから
自信を持って言うんだ。



まず、証券取引所や証券会社。

短期売買をしてほしくないんだったら、
取引所で規制をするのなんて簡単だし、
証券会社は売買手数料を引き下げたりはしない。

なのに、取引所はどんどんスピーディに
取引ができるようにシステムを増強するし、

証券会社は短期売買のために手数料を引き下げて
短期売買に必要な機能の充実をはかっている。


まぁ、証券取引所や証券会社は商売だから
時代の流れに沿って「やむを得ず」やっている、
と見て取ることもできる。


しかし、「国」はどうだろうか?

「国」が

「株は、長期に持って企業を応援するのが王道だ。
 短期で利ザヤを稼ぐなんて、邪道だ」

と思っているのだとしたら、
税制によって簡単に短期売買を不利にすることができる。


実際、バブル期にあまりにも「土地ころがし」が横行したために、
不動産の譲渡、売買に関しては
短期間所有の売買は不利になるような税制に、
今もなっている。


なのに、株に関しては

「どんどん短期で売買してくれ」

と言わんばかりで、長期も短期も譲渡所得にかかる税金は
変わらない。


そして、かなり長い期間、他の税金に比べて
はるかに有利な税率のまま変更されることがない。


つまり、国も

「どんどん売買をしてください。
 そして、利益が出たら少し税金をいただきますよ」

という方針を打ち出しているわけだ。


何が正しい行いで、何が正しくないか?
なんてことは、その時代時代でコロコロ変わるから、
今は論議しない。


でも、
「お国の方針に従おう」と思っている、
かなりトラディショナルな人であったとしても
株の短期売買は、実は「国策」にかなっている事なんだ。
と解釈することもできる。


かなり歪んだ部分もあるんだろうけれど、
今の税制だけを見ると、

「コツコツ働くよりも、株の短期売買に
 精を出してください」

というメッセージを、国が出している、
という風にも解釈ができちゃったりするんだから
面白いよね。


今回も手紙を読んでくれて、本当にありがとう。

ではまた、手紙を書きます。


空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。