FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔雑記〕 うつはうつろにうつろう。

 
このたび、第2回空也セミナーが
開催されることになりました!
興味のある方は、こちらをごらんくださいませ!

----------------------------------------------------

 
こんにちは、トレーダーの空也です。

今回の話は、伝わらない自信があります(笑)

でも、もしかしたら伝わるかもしれないという
願望も込めて、君に手紙を送るとしよう。



最近は“うつ”に悩まされている人が
多いと言われているね。


“うつ”になるのは、誰だって起こりうることだし、
私自身だって、過去にとんでもなく落ち込んだ時は
“うつ”状態だったこともあるだろう。

これからだって、いつそうなるかなんて
分からない。


だから、
今“うつ”になっている人を批判する気もないし、
逆に、ものすごいエネルギーを使って励まそう
なんていう気もない。

冷たいかもしれないが、
“うつ”が、その人にとって必要な時もあるだろうし、
その経験が、本人にとって大切な経験にもなるだろうから、
あまりこちらからアプローチする気はない。

(もし、
 「なんとかして“うつ”状態から脱したい!」
 と心から願っている人がいたら、その時は
 全力でお手伝いするかもしれないけれどね)


なので、

今回は、“うつ”が良い悪いという話ではなくて、

「なんで人は“うつ”になるのか?」
「どんな時に、人は“うつ”になるのか?」

ということを考えてみたので、
その話をしたいと思う。




“うつ”の人と話をしていると、
だいたい同じような事を言う。

「何をするにしても、やる気にならない」

「がんばっても、将来どうなるか分からない」

「私なんか、幸せになっちゃいけないんだ」

「なんか、全てがむなしい」


そんな“うつ”状態の人の共通点は、ひとつ。

「今、自分」

を見ていない。っていうこと。


確実に100%、
今の自分そのものを見ているんじゃなくて、

「自分と、今の自分以外の誰か」

もしくは、

「自分と、過去や未来」

を見ている。



たいていは、

「本当はこれくらいの事が出来て、
 これくらいの評価はされるはずなのに」

という

「現実の自分と理想の自分」の乖離に悩まされているか、


「将来、自分がどうなっているか分からない」
「過去の自分から、どうしても抜け出せない」

という

「現在の自分と、現在以外の自分」の乖離に悩まされている。



しかし、

当の本人も気づいていないんだけれど、
本当に悩んでいるのは、ちょっと違う部分なんだよね。


理想の自分が見えていて、
その理想を目指すために進んでいる間は、
人は“うつ”にならない。なれない。

未来の姿が見えていて、
その自分に進んでいる時は、その未来が
良い未来だろうが悪い未来だろうが、
少なくとも“うつ”にはならない。

過去のトラウマそのものを
真正面から見据えている時は
“うつ”になる余裕はない。


“うつ”になる原因は、

「今の自分」と「理想の自分」の間にあるスペースに
焦点を当てるから“うつ”になる。

「今の自分」と「未来の自分」の間にあるスペースに
焦点を当てるから“うつ”になる。

「今の自分」と「過去の自分」の間にあるスペースに
焦点を当てるから“うつ”になる。



ちょっと抽象的な説明になってしまうので
分かりにくいかもしれないけれど、
今の君なら手紙で説明しても分かってくれる
かもしれないと思ったので、書いてみよう。


「今の自分」が、「理想の自分」と
大きくかけ離れていたとしても

「将来、こんな理想の自分になる」

と思っている間は、“うつ”にはならない。


「今の自分」と「理想の自分」の間にあるスペース、
つまり今の自分から理想の自分になるまでの
プロセスが、不明確な所だらけだから
不安になったり、やる気が出なくなったりして
“うつ”になる。


「今の自分」と「未来の自分」も同じこと。

「今の自分」と、自分が思っている
「未来の自分」との“間”に、
不明確な部分や見えてない部分があり、
そこに焦点を当てるから“うつ”になる。



「過去」もそうだ。


「今の自分」から「過去の自分」を振り返って、

「あの事がなかったら、どうなっていたんだろう」

「あれさえなければ、今ごろは・・・」

と、過去に起こった事そのものではなく、
過去と現在に起こりえた可能性のスペースに
焦点を当てるから、人は“うつ”になることができる。



「現在」と「理想」。

「現在」と「未来」。

「現在」と「過去」。

それぞれ2点の間のスペース、空洞に焦点を当てると
人は“うつ”になるんじゃないかな、と思うんだよね。


“うつ”は「鬱」と書くのは承知しているけれど、

もしかしたら、空洞を意味する

「うつろ、虚ろ、空ろ」

からきているんじゃないかな、なんてことも思うんだよね。


そういや、「むなしい」っていうのも

「虚しい、空しい」

って書くから、無関係じゃないことは
間違いないんじゃないかな?



一番最初に書いたとおり、
別に“うつ”状態になっている人を、
その状態から回復させようなんて言う気は、ない。

でも、もし

「あー、今、私、ちょっと、“うつ”かも」

という時、“うつ”に入りたくないのであれば

「今、自分」に焦点を当てて、
今の自分がやっていることだけに集中するか、

はっきりしている「理想」「未来」「過去」
そのものに焦点を当てて、そこだけを考えれば
少なくとも“うつ”にはならないと思う。


“うつ”になれるのは、
「今、自分」と、「理想」「未来」「過去」の
間にあるスペースに焦点を当てている時だけ、
と覚えておくのは、なんらかの役に立つ時があるかもしれないね。


ちょ~~っと、抽象的な話だったかな?

我々が生きている現代は、昔の人に比べると
はるかに大きな「理想」「未来」「過去」を
否が応でも見ることができてしまう。

その分、「今、自分」と「理想」「未来」「過去」の
間に広がるスペースは、非常に大きなものになっていて、
個人では埋め尽くすことができないほど
バカでかくなってしまっている時代と言えるかもしれない。


だからこそ、我々は出来る限り「今、自分」を
見失わないようにすることが必要なのだろう。

そして誰にも理解されなくてもいいから、
自分にしっくりくる「理想」や「未来」を描き、
「過去」を、自分の都合のいいように解釈する、
昔の人は、さほどいらなかった能力も磨かなければ
ならないのかもしれないね。


君や私が、無限に広がる

「今、自分」と「理想」「未来」「過去」

の間に広がるエア・ポケットに、
望んでいない時には、飲み込まれないことを願って。


今回も、手紙を読んでくれて、本当にありがとう。

ではまた、手紙を書きます。


空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。