FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔雑記〕 逆援助希望の女性と、就職面接の関係

 
こんにちは、トレーダーの空也です。


ちょっと前に、
「これからの時代に食いっぱぐれない方法」
ということで、そこそこのレベルの二芸を持とう!
という話をしたね。

で、

二芸を持つ以外にも、食いっぱぐれがない方法があるので、
今回は、その話をしよう。



よく迷惑メールで、「逆援助交際の女性」からの
メールがあるのを、見たことがあるだろうか?

話が急に変わったように見えるだろうけれど、
先を読んでみて欲しい。


たとえば、

「会社経営をしているのでお金は持っているんだけれど、
 男性との出会いがない、
 なので、お金をあげるから私と付き合って欲しい」

といったオファーをかけてくる女性のメールだ。

その女性が登録しているページを見てみると、
どう考えても男性に不自由しないような
容姿端麗な女性が、
「私と付き合って」
と写真を公開している、という
本当だったら、おいしすぎる話だ。



女性心理とかをほんのちょっとでも知れば、
こんな話は ありえない!と分かるし、

万が一、本当にこんな女性がいたら、
相当「アブネェ」女性だろうから、
いずれにしても、君は騙されちゃダメだよ(笑)


こんな「逆援助」は、100%ウソなので、
信用しちゃいけないのだが、今回は別の話だ。

(そういえば、前も逆援助について手紙を書いたことが
 あったなぁ。それほどよく来るってことか)


この逆援助メールは、非常に幼稚なのだが、
ただ、こういったメールがなくならないのは、
非常に本質的な要素を含んでいるからに他ならない。

その本質的な要素は、応用ができるはずだ。




こういった逆援助交際のメールには
以下のような内容が含まれている。

・読み手のあなたは、お金の負担は一切ない。
 それどころか、お金をあげましょう。

・女性は、容姿端麗。
 なにもなくても付き合いたいと思える女性。

・メールは、無料で作れるメールアドレスでもOK

・女性に対する返信用文章も、事前に用意されている
 場合が多い。


などなど。

つまり、

「なんのリスクもなく、あなたは素敵な女性と付き合えます」
「それどころか、お金ももらえますよ」

というオファーなわけだ。


問題は、このオファー自体がウソということなのだが、
たとえば君が職を探しているときには
ヒントになる要素は含まれているよね。



職場の人事担当者とか経営者は、
つねに優秀な人材だったら欲しいと思っている。

払った分の給料以上の働きをしてくれるのであれば、
何人でも雇いたいと思っているわけだ。


でも、実際は給料分以上に働いてくれるかどうかが
わからないから、採用をしぼるわけだよね。


だったら、さっき書いたような
「逆援助交際メール」のようなオファーを使って
面接を受けたら、どうなるだろうか?

もちろん、ウソをつかないということでね。


たとえば、

「私は今まで、○○という会社で
 セールスの仕事をしてました。

 ○年間セールスをしていて、今まで上げた売り上げは
 ○○千万以上あります。

 今度、御社で働きたいと思うのですが、
 最初の1か月は、給料は要りません。

 1か月、御社の中で仕事をさせてもらって、
 御社の希望の売り上げを出せなかったら、
 なんの文句も言わず、去ります。

 もし、御社の言われたとおりの売り上げを出せたら
 その時、正規に雇ってください。

 ここに、今まで言った条件を約束した覚書を
 書いて来ました。

 どうぞよろしくお願いします」


とか言うわけだ。


怪しむ人事担当もいるだろうけれど、
君がウソをついていないことが分かれば、
雇ってもらえるだろう。

そして、君が1カ月、誠心誠意働いて、
ノルマをクリアーすれば、
まともな経営者だったら、君を正規に雇ってくれるはずだ。

今雇っている、一番使えない社員をクビにしても!




「セールスします。給料要りません」

「事務一般なんでもやります。給料要りません」

「お客様にサービスします。給料要りません」


このような、抵抗しようのない提案を
「イリジスタブル・オファー」という。


逆援助交際のメールは、
とてもレベルの低いものではあるが、
「イリジスタブル・オファー」の典型例といえる。

相手にとって、デメリットがなく、リスクもない。
そして、メリットの可能性が高い、
というオファーを作り出すことができれば、
どんな場面でも、君は必要とされる。


仕事においてもそうだし、
家族との関係においても、恋愛においても、
全部そうだ。


もし君が、何か欲しいものがあった場合、
君の欲しいものを持っている人に対して
どのような「イリジスタブル・オファー」を
提案できるかを考えてみるといいだろう。

ウソでない範囲で「イリジスタブル・オファー」を
組み立てることができれば、
君に手に入らないものは、ない。

考えてみると、おもしろいことが起きるかもしれないよ。


今回も、手紙を読んでくれて、本当にありがとう。

ではまた、手紙を書きます。


空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。