スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔雑記〕 手っ取り早い「二芸」の持ち方

 
こんにちは、トレーダーの空也です。

前回の手紙で、これからの時代を食いっぱぐれなく
生きていくためには

「関係なさそうな二芸」

を持つのがお勧めだよ。という話をしたね。


ひとつの芸、スキルを極めるのは、相当の覚悟が必要だ。

しかし、ふたつの芸、スキルを「そこそこ」レベルに
もっていくのは、そんなに難しくない。

食いっぱぐれなく生きていくんだったら、
「そこそこ」レベルの芸、スキルをふたつ持っていれば
なんとかなるだろう。
という話だったね。


とはいえ、

「空也さん、今から2つのスキルを身につけるのなんて
 けっこう荷が重いですよ」

「中でも、手っ取り早く身につけられる
 お勧めのスキルって、ありませんか?」

なんていうことを考えるかもしれない。


なので、今回は前回の続きとして

「比較的 手っ取り早く身につけられて重宝なスキル」

を考えてみたいと思う。


私のまわりにいる、「二芸」で
普通の人より稼いでいる人を考えてみると、
けっこう分かりやすい特徴があった。

それは、

「二芸」のうちひとつが「オタク系」のスキルで、
もうひとつが「コミュニケーション系」のスキルの人が多い。

「オタク系」というと、語弊があるかな?
いわゆる、普通の人が知らなかったり、出来なかったりする
専門知識、技術のことだ。


専門知識、技術 + コミュニケーション


という組み合わせが、爆発的な収入を生む秘訣になる
可能性が高いようだね。


寿司職人 + ドイツ語
会計 + ナンパ
芸術 + セールス
税理士 + タガログ語


ぜんぶ「専門知識、技術 + コミュニケーション」だ。


もし、「これから二芸」を考えているのであれば、
まずはコミュニケーションを学ぶと、とても手っ取り早いだろう。


コミュニケーションは、これだけ巷にあふれているのに、
実は体系だてて勉強をしていない人が多い。

普通に人と日常会話ができるのであれば、
今から勉強すれば、上位40%に入るのなんて、すぐできる。

みっちり1~2か月勉強すれば、
そこらの難関資格をもっている人よりも
はるかに稼ぎやすくなるはずだ。


コミュニケーション能力の中でも、特に
セールスやプレゼンテーションを学ぶと、非常に強力だ。


会社の採用面接を受ける時も

「自分自身のセールス」
「自分のプレゼンテーション」

をするわけだから、即戦力になるスキルだろう。


この手紙を読んでいる君ならば、
すくなくとも上位40%に入るような知識や技術は
すでに何かしらもっているだろう?

もし思いつかなくても
「他の人よりは、○○は好きだな」
と思うものがあるだろう?

釣りでも、ペットでも、アイドルでも、ゴルフでも、
料理でも、旅行でも、食べ歩きでも、
なんでもかまわない。


その好きなもの + コミュニケーション力で、
食いっぱぐれなく生活していくことは、
ちゃんと段階を追えば難しくないだろう。


「いやぁ、私の好きなものは
 いくらコミュニケーションやセールス力を
 磨いても、メシのタネになりませんよ」

と思っているかもしれないけれど、
まったく心配しないで大丈夫。


君が好きなものは、
少なくとも君は興味を持ったものだ。

他の人が興味を持つ可能性は、ゼロではない。

今は、自分の近くにいる人だけを顧客対象に
しなくてもいい時代だ。

君が興味のあるものを、
興味のありそうな他の人のもとに届けることができれば、
それは稼ぎになる。

やってみる価値はあるはずだ。


ま、どう少なく見積もっても、
かける苦労対効果という意味では、
コミュニケーションについて学ぶのは
人生のプラスになるので、ぜひお勧めしたいところだ。


あれ?これって、株トレーダーの手紙だよな?
と、私自身がわからなくなってきたので、
今回はこの辺で手紙を終えるとしよう。


今回も読んでくれて本当にありがとう。
ではまた、手紙を書きます。


空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。