FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔雑記〕 食いっぱぐれないスキルの身につけ方

 
こんにちは、トレーダーの空也です。

アメリカ国債はレーティング下がるわ、
震災の傷跡は、なかなか癒えないわ、
政情は不安定だわと、
けっこう不安になる要素が多くて、
心細くなっている人もいるかと思う。


「もし、将来 職を失ったらどうしよう」

とか、

「今後も、今のような給料がもらえるのだろうか?」

とか、

「このまま、仕事をとっていけるのかな?」

なんて、ネガティブな気持ちに支配されてしまう時も
あるかもしれない。


なので、今回は、

「これからの時代に、食いっぱぐれなく生きていく方法」

というのを、考えてみたいと思う。



今、いろんな資格とかが流行っていて、

「所得アップにつながる資格は、なに?」

みたいな特集が組まれていたりするけれど、
正直、ひとつの資格やスキルで
食いっぱぐれなく生きていくのは
非常に難しい時代になったと思う。

だって、どんなに難しい資格を取ったとしても、
君より以前からその資格やスキルで稼いでいた人がいるわけで、
その人の牙城を崩すのは、相当の努力が必要になるだろう?

それに、
どんなにスキルを磨いても、やっぱり上には上がいて、
その人を超えるには、また激しい努力が必要になったりする。


なので、もし君がひとつのスキルで食っていこうと思って、
まず安定した所得を得ようと思ったら、
相当とんでもない技術と経験が必要になる。

例えて言えば、
「○○界のメジャーリーガー」級の技術を持てば、
ひとつの技術だけで食っていける。

会計だったら、もし「会計界のメジャーリーグ」が開催されたら、
まず自分は選抜されるだろう、と思うくらいの実力があれば
ひとつのスキルで食っていけるだろう。


別のたとえで言えば、仮に
「人材ポータルサイト」みたいなものがあったとして、
そこに「会計」と入力されたときに、君が1ページ目の
検索結果に出る自信があれば、ひとつの才能を磨けばいいと思う。


「いやぁ~、そんな自信は ありませんよ」

「でも、なんとか安心して稼いで行きたいです」

と言った場合は、別の戦略がある。


トップクラスの実力じゃなくていいので、
「人よりそこそこ秀でている」レベルのスキルを
「ふたつ」手に入れておけばいい。

そのふたつのスキルが、関係なければ関係ないほど、
二つのスキルの関連性が薄ければ薄いほど、
君は「所得的に価値ある人間」になりやすい。


私の知っている人だと、

「ドイツ語」を話せる「寿司職人」。
「会計」に詳しい「ナンパ師」。
「セールス力」のある「芸術家」。
「建築」と「心理学」に詳しい人。
「タガログ語」を話せる「税理士」。
「鉄人レース」に出ている「SE」。

などなどかな?


ふたつ(か、それ以上)のスキルを持っていて、
その組み合わせがユニークであれば、
必ずどこかでニーズが発生する。


ひとつのスキルを極めるのは難しいけれど、
ふたつの、そこそこのスキルを持つのは、
君が何歳だろうが、これからできる。


さっきのたとえで言えば、
「人材ポータルサイト」で、1ワードだけで検索されても
1ページ目に表示される可能性は低いけれど、
珍しい組み合わせの2ワードだったら、
トップに表示されてもおかしくないだろう?

これからは、そんな人材を目指すと
食いっぱぐれがなくなっていくんじゃないかな、
と思う。


ちなみに、私の場合は

「文章が書ける」「トレーダー」かな?
「経営実務ができる」「トレーダー」かな?

まぁ、たぶん そんな感じだ。



私よりも文章がうまい人なんて、ごまんといる。

私よりも稼いでいるトレーダーなんて、
数限りなくいる。

経営の実務なんて、ホント上を見たらきりがない。


たぶん、それぞれの能力だけみれば、
上位40%に入っているかな?くらいかもしれない。



でも。

それぞれが上位40%に入っているから、

「たぶん、食いっぱぐれはないんじゃないかな?」

と、自信を持っていられる。



君、もしくは君の子供の将来が不安であるならば、
ぜひ

「関係なさそうな二芸」

を持つことをお勧めする。


ひとつの芸だと、極めるしかない。

ふたつになると、無限の組み合わせがある。


君だけの組み合わせで、将来の安心を手に入れてくれると
とてもうれしいです。


今回も手紙を読んでくれて、本当にありがとう。

ではまた、手紙を書きます。


空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。