スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔雑記〕 憎しみを軽減するテクニック

 
こんにちは、トレーダーの空也です。

前回の手紙で

「マイナスの状況にマイナスで対応しても
 もっとマイナスになるだけだ」

という話をした。


気に食わないことに文句を言ったりすると、
実はその「気に食わないこと」にエネルギーを
注いであげることになり、
逆に力を与えてしまうことになる。

戦争が嫌だから、戦争反対をする。
すると、なぜか戦争がなくならない。

嫌いな人をバッシングする。
すると、なぜかその人はもっと世に出たりする。

「憎まれっ子、世にはばかる」
のは、みんながエネルギーを注いであげるから
起こる現象だったりするんだよね。


なので、

嫌いなことや、嫌いな人には、
なるべくエネルギーを注がずに
無視したり、逆に愛を注いだりするといいよ、
と言う話をした。


しかし。

「でも空也さん。
 そんなの理想論で、ムカつくヤツのことは
 どうやっても思い出しちゃうし、
 憎しみは消えないですよ」

「考えたくなくても、ついつい
 ムカムカ、メラメラしちゃいます」

という気持ちも、すごくよくわかる。

感情が完璧にコントロールできたら、
そもそも悩みなんかなくなっちゃうもんね。


なので、今回は

「ムカつく相手のことを、
 できるかぎりムカつかなくなる方法」

を伝えようと思う。



やり方は簡単だ。

まず、紙とペンを用意して、
紙の一番上に、次のように書く。


「私が○○(相手の名前)を憎悪する理由 全リスト」

「憎悪」がピンと来ないのならば
「ムカつく」でも「ボコボコにしたい」でも
なんでもいい。

とにかく、君がピンと来るタイトルを書く。


その後に、タイトルどおり
相手が君に対してやったひどいことや、
相手のムカつくポイントを、
箇条書きでどんどん書いていく。

ポイントは、なるべく具体的に
やられたことを書くことだ。

感情的な「なんとなくムカつく」ではなくて、

「○○の時に、○○と言われた」
とか、
「○○さんに対して、○○の行動をとった」
といったように、具体的な言動を書いていく。

このときは、もう完全にネガティブな自分になって
これ以上書くことがない、というところまで
書いてみることだ。

相手がやったこと、言ったことで
君がムカついたことを全部書いた、
と思うところまで続けて、

「もう、書くことがない」

となったら、ペンを置く。



その後、
ネガティブなエネルギーに満ち溢れた紙を、
封筒に入れて、切手を貼る。

そして住所を書いて、ポストに投函する。


ただし、
その住所は「君自身」の住所と氏名だ。

つまり、何日か後に、君自身に届く手紙として
ポストに投函するわけだ。



数日後、君の元に手紙が届く、というか
戻ってくるだろう。

もし、書いた次の日とか、2日後くらいに
届いてしまったら、3~4日開封するのを待ってから
開けてみよう。


開ける前に、インターネットとかで

「世界 問題」

と入れて、世界情勢や人類が抱えている問題を
見てから開封すると、より効果があるだろう。




そこに書かれている、数々のネガティブなワードをみると、
たいていの場合は、

「あれ?私、こんなことでムカついているんだ。
 私って、小さっ!!!」

「これで全部かよっ!大したことないなー」

と思いやすくなっているはずだ。


自分が嫌いな人のために、わざわざ時間をかけて
切手まで貼って、ポストに投函しに行った自分が、
なんだかバカバカしくなる。


「そんなことより、もっと自分のためになることに
 時間を使おうっと」

と、思いやすくなるはずだ。



ずーっと嫌いな人のことを考えてくすぶっているくらいなら、
まとめて考えた後、バカバカしくなったほうがいい。


こんなことを君に話せるのは、
もちろん私自身が、過去に
嫌いで嫌いで仕方ない人がいて、
今書いたようなバカバカしいことをやったことがあるからだ。


「空也さん、バカだなー!!」

と思ってくれてもかまわないので、
もし君が嫌いな人とか、心が乱されるニュースがあった場合は
試してみて欲しい。


バカバカしいことも、とことんまでやると
素晴らしいコンテンツになる。


君が、心穏やかでいられることを願って。


今回も、手紙を読んでくれて、本当にありがとう。

ではまた、手紙を書きます。


空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。