スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔雑記〕 豊かな人と仲良くなる方法

 
こんにちは、トレーダーの空也です。

前回は「豊かな人との出会い方」ということで、
君の人生にプラスになるような豊かな人と、
どんな場所で出会うことが出来るかについて書いた。

出会える場所については、

「豊かな人が集まりそうな場所」で、かつ
「豊かな人がオフタイムに、リラックスした状態になる場所」
がいい、という話だったね。

加えて、有意義なセミナーなんかも、
私の実体験としては、豊かな人に出会えた
場所のひとつとして挙げることができる。

君が将来的になりたい姿に近い場所で、
豊かさを実現しているような人が集まりやすい場所を
考えてみて、行って見るのがいいだろうね。


今回は、「豊かな人と仲良くなる方法」だ。

前回の話で、豊かな人と出会う方法は分かった。

でも、実際出会ったところで、
どうやって仲良くなればいいのか、わからない。

という疑問は、当然わくよね。


なので、今回は、
「どうやったら、豊かな人と仲良くなることができるのか?」
という、具体的な方法を伝えようと思う。

では、さっそく中身に入っていこう。



さて。

「豊かな人と仲良くなる方法」だが、
そのポイントは、非常にシンプルだ。

豊かな人と仲良くなるポイント。それは、

「その人を、人として扱い、接する」

というものだ。


「はぁ?
 空也さん、何 言っちゃってるんですか?
 そんなの、当たり前じゃないですか」

と、君は思っているかもしれない。

が、豊かな人は、人として扱われたり、
接せられたりすることが、けっこう少ないんだ。


豊かな人は、まず一人の人間として接せられる前に、

「○○会社の社長さん」

とか、

「○○セミナーの講師」

とか、

「トレードで成功した人」

として接せられる。


私は、今までたくさんの豊かな人と接してきたけれど、
悩みのレベルは違うものの、みんなけっこう
「ふつうの人」だ。

たくさんの感情があり、
矛盾した思いを抱え、
夢があり、問題も抱え、それでも生きている。

「みんなと仲良くなりたい」
「たくさんの貢献をしたい」
「お金も、もっと欲しい」
「たくさんの人に認められたい」
「いい人だと思われたい」
「正直でいたい」
「自分の弱さを認めたい」
「自分の弱さを認めたくない」
「怖い」
「夢を叶えたい」

つまり、君や私と同じ「人間」だ。

なのに、はじめから作られた
「○○会社の社長」
「○○セミナーの講師」
「トレードで成功した人」
という“像”で見られることが多い。

そんな接しられかたは、
けっこう うんざりしているものなんだよね。


例えば、君自身を例に出してみよう。


仮に、今の君の生活そのものに
憧れを持っている人が、君の元に
現れたとする。

その人は、今の君の生活について
インタビューするわけだ。


「今の生活を手に入れるためには、
 どんな風にやればいいんですか?」

「やっぱりあなたくらいになると、
 悩みなんて、ないんでしょ?」

「なんか、コツみたいのがあったら、
 隠してないで教えてくださいよ」

「あー!
 やっぱりスゴイなー」


はじめは嬉しい気持ちもあるかもしれないけれど、
こんな人と心を開いて話したいと思うだろうか?


それよりは、

「今の生活、いいところもあるかもしれないですけれど、
 人が思っているほど、楽なことばっかり
 じゃないですよね~?」

とか、

「あなたのことが大好きなので、
 あなたがもっとハッピーになるために
 一緒にいろいろやりましょうよ」

と接してくれる人の方と
仲良くなりたいと思うんじゃないかな?


君自身がそうだとしたら、
君から見て豊かな人も、思いは同じだ。

もちろん、社会的に成功しているのだったら、
その部分については敬意を払う必要がある。


ただ、そこで遠巻きに見るんじゃなくて、

「人として、どう接したら喜ぶかな?」
「媚びるんじゃなくて、親愛の気持ちから
 相手を見たら、どうだろう?」

という風に接してみる。

違う世界が広がると思うよ。


もうちょっと具体的に言えば、
会社の社長とかだったら、
自分の中の「孤独」をわかって欲しいと
100%思っている。

言い方はケースバイケースだけれど、
「あなたは孤独じゃないですよ」
「あなたの孤独感を、少しでも埋める手伝いが出来ませんか?」
と伝えてあげれば、間違いなく喜ぶ。
(もちろん、心をこめてやらなければ伝わらないが)


セミナー講師だったら、
どんなプロの講師でも
「私の話を楽しんでくれているだろうか?」
「伝えたいことが、ちゃんと伝わっているだろうか?」
と、100%不安を持っている。

セミナー中、真剣に聞いて、うなずく。
積極的に質問する。
セミナー後も、邪魔にならない範囲で質問するなどすれば
間違いなく喜ぶ。


どんな人でも、
「共感して欲しい」
「自分の持っている問題を解決して欲しい」
と思っている。

だから、
相手がどんな偉そうな人であれ、

「共感するように努力する」
「相手の問題に目を向け、解決を応援できるか考える」

という姿勢を示せば、必ず仲良くなれる。

君が本気で共感しようと努力し、
相手の問題を解決しようと努力すれば、
それが例え的外れだったとしても、仲良くなれる。

それは、他の人が君に接してきたときと同じだ。




「その人を、人として扱い、接する」

このポイントだけで、君の交友関係は
またたくまに広がっていくだろう。

とはいえ、
豊かな人に急にやろうと思っても、
ちょっと躊躇することもあるかもしれないね。

変な話だが
「人を、人として扱い、接する」
というのは、慣れが必要だ。


なので、
人を人として扱うことに慣れるために、
まずお勧めする方法がある。

それは、豊かな人であろうが関係なく
人として扱い、接するという方法だ。


君がコンビニに行ったときに、
レジを打ってくれた人に対して、
名札を見て、名前を呼びかけて「ありがとう」と言う。

飲食店で料理を持ってきてくれた人に
「いいお店ですね」と伝える。

服を買おうとしたときに
「色んなお客さんが来るでしょうから、
 大変な仕事ですよねー」
と、相手をねぎらう。

なんでもいい。



人を人として扱い、接する。



君がされたら嬉しいことを、
豊かな人にも、豊かかどうかは分からない人にも
分け隔てなくやってみる。


その時点で、実は君自身が誰よりも
「豊かな人」
になっていることに、気づくかもしれないね。


今回も手紙を読んでくれて、本当にありがとう。

ではまた、手紙を書きます。


空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。