FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔体〕 トレードで忘れてはいけないこと

 
こんにちは、トレーダーの空也です。

今日はトレードにおいて、当たり前だけれど
ついつい忘れてしまう大原則をお伝えしようと思う。


君が株を売買するときは、だいたい
パソコンの画面に向かっていることが多いだろうし、
ごくまれには、証券マンに電話で発注するなんてことも
あるかもしれない。

いずれにしても、ついつい忘れがちになってしまうのは、

「売買をしているのは、
 君と同じように“儲けを狙っている人”である」


ということだ。


君が、ある銘柄を買うことが出来た、ということは、
他の誰かが「儲けるために」売った、
ということ。

それは利益確定かもしれないし、
損切りかもしれないし、
新規の空売りかもしれない。


そのどれだったとしても、
少なくとも同じ銘柄を売買している一人は、

「ここから、株価は下がるだろう」

と、判断したということになる。


だから、君はポジションを持つことが出来た。
というわけだ。


パソコン画面だけを見ていると、ついつい
自分だけで株を売買しているような気になることも多い。

「株価が、ここまで下がってきたら、買いだ」
「RSIが、○○%になったら、買いだ」

なんていう風に思っていたとしても、
それは、君以外の、たくさんの人の売買の結果にすぎない。


そして、当然の話だが、
その銘柄に参加している人「全員」が、
自分の利益のためにトレードをしていると言うことを
忘れてはいけない。



君がトレードで、コンスタントに
利益をあげていけるとしたら、

君のもっている「何か」が、
他の銘柄参加者よりも勝っているから、ということになる。


君も、自問自答してみるといいかもしれない。

「誰もが自分の利益を狙っているこの市場で、
 何を武器に出来るだろうか?」

「私が、他の市場参加者よりも
 勝っているものって、一体なんだろうか?」

ってね。


ボクシングでも、ゴルフでも、麻雀でも、
ほかのどんなことであっても、
相手より自分が勝つということは、
何かしらの面で、相手より優れていた部分があったから
結果、勝利することが出来る。


1回や2回だったら、
相手より「運」が優れていたから勝った、
ということがあるかもしれない。

ただ、トータルでプラスに持っていくためには、
他の要素も必要になるだろう。


トレードにおいては、
・他の誰よりも、資金量が多い
・他の誰よりも、情報を得るのが早い
・他の誰よりも、知識が上である

なんてことが、プラスに導いてくれるかもしれない。


私自身は、他の市場参加者に比べて
資金量も、情報量も、知識も
大したことにならないし、

「勘」という面においても、
他のスーパートレーダーに比べれば、
並程度の能力しか持っていないと思っている。

これは別に卑下しているんじゃなくて、
客観的な自分の分析だ。


そこで、
私は自分の武器を「ルール」に絞ることにした。

あきれ返るほどの時間を、
自分の資金量や性格に合わせたルールを作ることだけに
使ってきたし、今も使い続けている。

自分にフィットしたルールという意味においては、
市場最強だと思う(笑)


なので、逆にこのルールを破ると言うことは、
唯一の自分の武器を放棄することになってしまう。

ルールを放棄したら、
あとは、他の市場参加者と比較して
何のアドバンテージもない
「資金量」「情報量」「知識」「勘」で
売買するしか、なくなってしまう。

この時点で、トータルの敗北は決定的だと思うね。



君が「ルール」を武器にするかどうかは
君の自由だ。

「資金量」「情報量」「知識」「勘」
そのほか、どんなものでも武器にしていい。

ただ、
他の市場参加者へのアドバンテージとなる
「何か」は、つかんでいた方が、いいかな、と思うよ。



今回も、手紙を読んでくれて、本当にありがとう。

ではまた、手紙を書きます。



空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。