FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔技〕 「そんなにイヤなら・・・」

 
こんにちは、トレーダーの空也です。

私は今、毎日一定のトレードルールに従って
売買を繰り返しているんだけれど、
正直に言えば

「今のタイミングで、この銘柄にエントリーって
 ありえないだろう」

とか、

「この銘柄にエントリーするんなら、
 売りじゃなくて、買いだろ!?」

と思うことが多々ある。

最近の例で言えば、電力関係銘柄。

急下落をした後、
反発を開始した初期のところで
「空売りエントリー」のサインが出た。

そんなときに、私の気持ちは
ルールを破りたくなる誘惑に駆られる。

「こんなの、まだ反発初期だから、
 まだ上昇するに決まってるじゃないか!」

とか、

「いくらルールとはいえ、これは
 イレギュラーなケースなんじゃないか?」

といった思いが、頭をグルグルするわけだ。


でも、
自分がルールを曲げたくて曲げたくてしかたない時ほど、
予想に反して、プラスのパフォーマンスをあげたりもする。

(もちろん「やっぱりエントリーしなきゃよかった」
 と思えるようなマイナス成績のときもあるが)

自分がエントリーに関して恐怖を感じれば感じるほど、
結果としてのパフォーマンスがいいことも多い。

それはおそらく、
私のPC画面の向こう側で売買をしている人も
同じような恐怖を感じるポイントが、
株価のピークだったりするからだろう。

そして、自分と反対のポジションを持っている人が
「あー、まだまだ大丈夫だろう」
と慢心している時が、株価転換のピークだったりも
するからなんだろうな、と思ったりもする。



自分が恐怖に負けて、トレードルールを曲げてしまったら、
それはメンタルコントロールができていないということ。

逆に、トレードルールさえ守れているならば、
その途中経過でどんなことを思っていても
それはそれでかまわない。


なので、私は自分が
トレードルールを破りたい誘惑に駆られたとき、
ある言葉を心の中でつぶやくようにしている。

それは、

「(このエントリーが)イヤなら、ルールを変えろ」

という言葉だ。



自分が検証に検証を重ねて作ったルールを
そんなに曲げたいのだったら、
そのトレードルール自体を変えちゃえよ!

と、自分を誘ってみるのだ。


その言葉を心の中でつぶやいた結果、
たいていの場合は、

「そうだよなー。今以上のトレードルールは
 そう簡単にはできないよなー」

と思って、トレードルールに従って
エントリーをする。


そして、もしどうしても我慢できなければ、

「ようしっ!
 じゃあ、ルールを改良してやろうじゃないか!」

と、トレードルールの改善モチベーションに
火がつくこともある。

(とはいえ、その当日には
 ルール変更は間に合わないので、
 当日はルールどおりにエントリーするのだが)


いずれにしても、自分にプラスになる
行動が選べるような言葉を
自分に投げかけるようにしているわけだ。


君も、恐怖や、ネガティブな感情から
正しい行動を捻じ曲げたくなるときが
あるかもしれない。

そんなときに
「心の中でつぶやく言葉」
も、ルール化しておくと、
より楽に、正しい行動をとりやすくなるかもしれないね。


私にとっての

「そんなにイヤなら、ルールを変えろ」

と言う言葉。


君にとっては、
どんな言葉になるだろうね?


今回も手紙を読んでくれてありがとう。

ではまた、手紙を書きます。


空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。