スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔技〕 ないがしろにされやすい要素

 
〔管理人そらまめより〕
現在、7月9日(土)に行われる
空也セミナー、参加者募集中です!

詳細は、コチラをクリック

セミナーに関するQ&Aは、コチラをクリック


募集人数に到達しそうですので、
参加申し込み締め切りを6月20日(月)の23時59分までと
させていただきたいと思います。

たくさんのご質問と、参加表明、ありがとうございます!
当日を楽しみにしていますね!


では、空也さんからの「手紙」を
どうぞお楽しみくださいませ~

---------------------------------------------
 
こんにちは、トレーダーの空也です。

今日は久しぶりに、トレードルールについて
大切なことを、君に伝えようと思う。

ここのところ、雑談が続いていたからね(笑)


さて。

君は、自分のトレードのルールを持っているかな?

もし持っていなかったとしても、
「トレードルールっていうのは、こんなもんだろう」
というイメージはあるかもしれないね。

たとえば、

「○○のテクニカル指標を越えてきたらエントリー」
「○%の利益が出たら、利益確定」
「○%の損失が出たら、損切り」
「○日経ったら、どちらにしても決済する」

みたいな感じだね。

自分のトレードルールを持つことの重要性は、
今までの手紙でも、何回か言ってきたとおりだ。

自分が完全に信頼できるルールじゃないと、
途中でどうしても、メンタルが揺らいでしまうからね。

(他にも理由があるんだけれど、
 それはまた後日説明しよう)


さてさて、今日の話は、
トレードルールを作るという作業の中で、
けっこう多くの人が忘れている、ある大切な項目がある、
という話だ。


トレード上級者の中でも、

「トレードルールを作ったんですけれど、
 ついついルールを破ってしまうんです」
とか、
「本当に、このトレードルールを使い続けていいのか、
 いつも不安になるんです」

という人は、結構多い。

そういった人は、メンタルコントロールを
学ぶということも大事だろうし、
今回話す、「トレードルールに大切な、ある要素」
について、考えていない場合も多いかもしれない。


ためしに、君がトレードルールを構築するときに
必要だと思われる要素を、
頭の中で思い浮かべてみて欲しい。

たとえば、
「エントリー候補の絞込みルールは必要だ」
とか、
「利益確定のルールは必要だ」
とかだね。

思いつく限り、いま
「この要素については、決めておかないとな」
というものを、列挙してみて欲しい。



やってみてくれたかな?

おそらく、

エントリールールとして
・エントリー候補の絞込み
・条件が重なった銘柄のエントリー優先順位
・実際のエントリー方法
・買いでエントリーするか、売りでエントリーするか
 などなど、

決済ルールとして
・利益確定/損切りのポイント
・最大保有日数(時間)
 などなど、

それに、資金管理はどうするか?

なんてことは、イメージできたかもしれない。

まったくその通りで、
ここに挙げた要素が絡み合って
実際のトレードルールというものは出来上がるし、
普段の運用においては、充分すぎるものだろう。


しかし。

あとひとつ、大切なルールを
あらかじめ考えておくと、運用が非常にスムーズになる。

その、大切なルールとは、

「ルール破棄のルール」

だ。


破棄のルールといっても、
「こういう時は、ルールを破っていい」
ということではない。

破棄のルールというのは、

「もし、○○という事態になったら、
 ルールそのものが機能しなくなった可能性がある。

 なので、○○になったら、
 一度ルールを破棄して、ルールそのものを再構築する」

という決め事だ。


たとえば、

「ドローダウン金額が、○○円以上になったら、
 ルールを一度破棄する」

とか、

「連続○日、マイナスが続いたら、
 このルールは機能しなくなったのかもしれない。
 なので、一度ルールを破棄する」

とか、

「一ヶ月運用してみて、○○以下の
 パフォーマンスだったら、ルールを疑ってみる」

といった感じ。


トレードルール構築のときには、ついつい
「このやり方でやれば、すっごい儲かるんじゃないか!?」
という視点だけで、ルールを作ってしまいがちだ。

しかし、実運用に耐えられるルールと言うのは、
「まぁ、ひどいときには、○○のマイナスを
 くらうこともあるだろう」
ということも想定してあるルールのほうだ。

「○○になったら、ルールを破棄する、見直す」
という決め事があるだけで、
日々、トレードルールどおりにトレードしやすくなる。

最悪を想定しているからこそ、
最高を目指せる、というわけだ。


徹底的に君にカスタマイズした、
ジャストフィットするトレードルールがあれば、
メンタルコントロールは、非常にやりやすくなる。

そのための大切な要素として
「ルール破棄のルール」
を作っておくことは、とても大切なことになる。


そして、一度「ルール破棄のルール」を作ったら、
日々の運用は、一貫してルールを守り続ける。

どんなにひどいパフォーマンスになっても、
「ルール破棄のルール」
に触れない限りは、守り続けるんだ。

市場は、いつか答えてくれる。

それまで、市場のドアをノックし続けるんだ。
という気持ちで。


今回も、手紙を読んでくれて、本当にありがとう。

ではまた、手紙を書きます。


空也

 
最新記事
月別 (日付の古い順並びです)
カテゴリ (日付の古い順並びです)
目次 (日付の新しい順並びです)

全記事目次

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。